医療改革

テーマ3「医療改革」

少子高齢化や医療・社会保障費の増大による財政圧迫という課題を抱える日本において、医療におけるイノベーションにいかなる可能性があるのでしょうか。そして、どのようにそれを実現していくことができるでしょうか。健康を取り巻くローカル、ナショナル、グローバルな動向の中から、日本という国の持続可能性を高める政策を提案します。

医療・健康分野におけるイノベーションと都道府県の役割

医療改革

医療・健康分野におけるイノベーションと都道府県の役割

2016年11月30日 政策シンクネット 医療改革ワーキンググループ はじめに イノベーションの領域拡大と新しいレギュラトリーサイエンス イノベーションの国際的枠組みにおいて求められる人材 キャリアモデルと教育プログラム 1.はじめに  超高齢社会を迎えた日本、および今後迎えつつある国々、また各種の...

政策シンクネット報告書 「医療費と医療政策に関わる諸問題」

医療改革

政策シンクネット報告書 「医療費と医療政策に関わる諸問題」

「医療費と医療政策に関わる諸問題」 慶應義塾大学総合政策学部 教授 印南 一路 【研究概要】 医療費と医療政策に関わる諸問題として、以下の3つのテーマについて、本研究は追究した。Ⅰ 医療費政策の歴史に関する分析Ⅱ 国民健康保険医療費の増加要因に関するパネル分析Ⅲ 医療用医薬品の取引慣行に関するシミュ...

首都圏2030座談会(その2)互いに助け合う共助の制度を拡充することが必要

医療改革

首都圏2030座談会(その2)
互いに助け合う共助の制度を拡充することが必要

首都圏2030座談会出席者(50音順) 飯間敏弘 東京大学大学院教育学研究科特任助教 膳場貴子 キャスター 西内啓 統計家・東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員 ...

首都圏2030座談会(その1)多数の独居老人や膨れる介護ニーズにどう対応する

医療改革

首都圏2030座談会(その1)
多数の独居老人や膨れる介護ニーズにどう対応する

首都圏2030座談会出席者(50音順) 飯間敏弘 東京大学大学院教育学研究科特任助教 膳場貴子 キャスター 西内啓 統計家・東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員 ...

政策シンクネット 第2回シンポジウム 医療イノベーションと大学の役割

医療改革

政策シンクネット 第2回シンポジウム 医療イノベーションと大学の役割

大学での研究を土台とした医療イノベーション、たとえばバイオ医薬品やiPS細胞は、日本経済に大きな経済的効果をもたらす可能性を...

サステイナブルな医療をめざして<5/5>医療制度改革、新たな一歩を踏み出す

医療改革

サステイナブルな医療をめざして<5/5>医療制度改革、新たな一歩を踏み出す

過去4回の中で、超高齢化社会を迎え、日本の医療をよりサステナブルなものにするために、アカウンタブル・ケアを例としたパフォーマンスベースのインセンティブによる介入という考え方、その他いくつかの取り組みについて触れてきた。 日本でアカウンタブル・ケアを導入する場合の最終的な課題について、佐藤...

インタビュー「IT導入で医療の効率化と質の向上を」/国立社会保障・人口問題研究所所長、東京大学名誉教授

医療改革

インタビュー「IT導入で医療の効率化と質の向上を」

国の医療政策の大きな課題は、医療の需要の変化に対して適正な提供体制をどのように形成していくかということです。そこには薬や医療技術はもちろん、医師や病院の数、さらには医療費、すなわち診療の価格なども関わってきますが、それらのバランスをどうとるかは非常に難しい問題です...

インタビュー「医療費はなぜ増えるのか、エビデンスに基づいた議論を」/印南一路先生

医療改革

インタビュー「医療費はなぜ増えるのか、エビデンスに基づいた議論を」

昔のように人口が増大し、使える資金も増えていくという時代なら、医療や介護の分野に各方面の要望を盛り込むことができました。拡大していくパイの配分を調整していたからです。しかし、現在は逆です...

シリーズ「サステイナブルな医療をめざして」 第3回、第4回を掲載

医療改革

シリーズ「サステイナブルな医療をめざして」 第3回、第4回を掲載

第3回「日本はアカウンタブル・ケアを導入できるか?」
日本の新薬開発の現場では、特許取得後から市販化されて患者の手に届くまでに約20年かかる...
第4回「審査期間を短縮しても「安全」は確保する」
ブルッキングス研究所は、アカウンタブル・ケアを世界や日本で進めていく際の論点として...

サステイナブルな医療をめざして<1/5>「アカウンタブル・ケア」とは何か

医療改革

サステイナブルな医療をめざして

医療費の増大は、どの先進国にも共通する深刻な問題だ。世界で最もGDPに占める医療費の割合が高いアメリカでは「アカウンタブル・ケア」という新しい考え方を実験している。これが日本にとっても「一筋の光」となるのか。7月7日、8日に開催された東大・ブルッキングス研究所による「健康・医療シンポジウム」の...

東大・ブルッキングス研究所による健康・医療シンポジウム

医療改革

東大・ブルッキングス研究所による健康・医療シンポジウム

University of Tokyo-Brookings Health Symposium for Accountable Care and Biomedical Innovation

インタビュー「個別化医療、再生医療で日本のポテンシャルを」/慶應義塾大学教授・東京大学教授 鈴木寛

医療改革

インタビュー「個別化医療、再生医療で日本のポテンシャルを」

慶應義塾大学教授・東京大学教授 鈴木寛

PAGE TOP